画期的な脱毛についてもっと詳しく教えてください

画期的な脱毛方法みたいな印象で宣伝をしているけど、複数回の照射で二度と毛が生えてこなくなるのは、これまでの光脱毛やレーザー脱毛も同じだったので、正直、新鮮味は感じなかった。

強いて言えば、日焼けした黒い肌や白い毛でも施術可能というところだろうか。

腕の毛でも、黒い毛に混じって金髪?のような色素の薄い細い毛が生えていて、全身脱毛の経験がある私でも、これらの毛はなかなかなくならないということを確認している。

全身脱毛は現在お休み中だけど、お財布にやさしいお値段であれば行ってみてもいいかなと思った。

処理しきれていない毛を完全になくすために。

「スーパー」と「ライト」の2種類の脱毛があるみたいだけど、これは身体の部分に応じて組み合わせて使うということだろうか。

それとも「スーパー」か「ライト」のコースがあるということだろうか。

双方のメリットはわかったので、実際にどう使っているかをもう少し説明してくれるとわかりやすい。

あと、脱毛処理での痛みはどんな感じなのかも知りたい。

女性向けの脱毛広告だと、痛みが少ないとか、ゴムではじかれたような痛みとか、痛覚に関する情報が盛り込まれていることが多いけど、この動画はその点については触れていない。

男性向けの脱毛だからだろうか?男性は脱毛の痛みに対して特にひっかかりを覚えたりしないのだろうか?私の主観だと、女性よりも男性の方が実は痛みに弱かったり大げさに捉えていたりする。

(手術とか、注射を前にして気が弱くなっているのは、たいてい男性)あと、広告の演出について。

毛深いことで有名なワッキーさんを起用しているのは、脱毛の広告として面白みがあると思う。

でも、脱毛はやっぱり人体の組織に直接影響を与える施術なので、安全性や信頼できるような演出が欲しいと思った。

お笑い番組のような雰囲気にして親しみやすさを伝えようとしているのはわかるのだけど、ただ”お笑い”だけでは軽薄な印象を与えるだけで終わってしまうような気がする。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ